X-man:NAMMでファイヤー!!!
Richard Devine sets NeKo on Fire!(Open labs)

外を見ると雪がうっすらと降り積もっているこの寒い日に、ホットな話題を。

先日アメリカのロスで行われた世界最大の楽器展示会NAMM2005
変態エレクトロニカ野郎のリチャードデヴァインがライブを行ったらしいのでsが、
そこで彼はライブで用いたOpen labs社のシンセNeKoを、恐れ多くも火祭りに上げた後バットでブッつぶしちゃいました。
NeKoは、言ってみればキーボードにPCとMIDIコントローラが備え付けられたオールインワンすぎるシンセサイザーで
一番安いシリーズのNEKO LEでも新品で2000ドル以上する高価なシロモノ。
写真から判断すると少なくともNeKo Gsを使っているようなので5000ドルはかかっているでしょう。。
上に記載した同社のレビューから動画が見られまsが、なんかもう火ついてるのにまだビートは鳴りつづけていて
観客のボルテージは上がる一方!!そしてバットを数発ブチかましたところで音が停止・・・彼のデストルドーはびんびん!!

恐らくパフォーマンス用にOpen labs社が用意したモノなんだと思いますが、やっぱりもったいない・・。
が、いわゆる耐久力試験的な視点から見るとなかなか興味深い映像でしたよ、、そういないでしょ。。シンセに火をつける人。
[PR]
by sora-man | 2005-02-25 10:00 | 音と音楽


<< X-man:ともしびゾーン X-man:帰宅 >>