X-man:巨大ファミコンコントローラ作っちゃったよ
b0045754_2254552.jpg昔、「ファミコンロッキー」というカオス極まりない漫画が友達の周りで流行っていた。
どんなゲームもとりあえず連打で解決。ゲーム拳必殺50連打による嘘テク発動でクリアすることが全てのこの漫画・・。
「音速(マッハ)を超えたーーーっ!!」「シ、シルビアが襲ってきたーーーっ!!」等々
名言を残す伝説の漫画の中ではいわゆる「巨大なコントローラ」を使ってゲームをプレイしていた。
クソでかいボタンを指で弾きながら華麗にハイスコアをたたき出す・・・
不条理極まりないが、その滅茶苦茶な世界設定のせいで特に違和感を感じなかった。
そんな巨大コントローラを実際に作っちゃったよ、アメリカ人ってヤツは!

b0045754_23114447.jpgそれがこの噂のコントローラ。Behind the D-Pad(G4)
大体の説明と経緯はこのムービーを見ればわかります。英語だけど。。なんとなく。
技術的なハナシからするといわゆるコントローラの基盤から出ている各スイッチの配線を延長して、
特製の巨大コントローラにくっつけたシロモノなんでsが、特筆すべき点は上記の紹介ビデオにあります。
元々ゲーム専門ケーブルTVの番組らしいのですがナレーター2人のそぶりやリアクションがもうコテコテのアメリカ。
ものすごいアキバな内容なはずなのにもう深夜の通販番組にしかみえない!!
最後は2人で一緒にスーパーマリオをプレイするのでスが、そのリアクションもいちいちうける。
「まてまて、いくぞ、いくぞ?」とか「おい待てそこは右だ!!」とマジプレイモード。そして最後の旗をとって「イェアアーーー!!!」大喜び。
「爆発は?爆発はでるか?」
しかし出ない。。
オーーーーーーゥ(ハモり)
あんたらつくづくアメリカンすぎるんだよ!
[PR]
by sora-man | 2005-04-26 23:35 | 映像


<< sora:御茶ノ水 sora:怒れる老人再び >>