X-man:ウィスットポンニミット と しりあがり寿
b0045754_2164997.jpg










ウィスィット・ポンニミット個展 inside the wall(IID世田谷ものつくり学園)

行ってきた!
ウィスットポンニミット通称タムくんのライブは先日行ったSoi musicフェスで確認済みのクオリティだったので期待を胸にGO。
むしろそれよりオープニングパーティである「ウィスットポンニミット×しりあがり寿マンガ対決」が楽しみでしょーがなかった!!
ライブはタムくんのDVD「hesheit」の鑑賞、その後ピアノとアニメによるライブだった。
soi musicの時のライブセット+新作アニメな感じで休憩をはさみつつまったりと行っていました。
最近忙しいらしく、あまり練習もしてないとかボヤきつつもヒョロっと弾いてのけるのはすごい。
でもやっぱり少し疲れた様子でした。大丈夫だろーか??そしていよいよ二人によるバトル開始。
の前に、普通にしりあがり寿氏がいたのでドギマギ(藤子不二雄A風味)しつつもサインを頂く。うひゃー、家宝にします。
で何のバトルをするのかと思いきや、おもむろに近くの人々の似顔絵を書きなぐってく二人。すげえ!!
しりあがり氏が開始3人目くらいにヘラヘラしてる自分の絵を描いてくださいました。(画像左)マジで感激。しかし結構似てる。。
そして描くスピードが早い!!滅茶苦茶早い。一人10秒くらいで描き終えていた。しかし何か似てる。流石である。
似顔絵を描くのが飽きると、そこら中にわけわからん落書きをしだす。
どこからその妄想が沸いて出てくるんだ!!そして端っこにちっさく描くのが好きなのも氏らしくて良かった。
タムくんもスピードこそ劣るものの一人一人丁寧に特徴をとらえてかわいく描いていく。
いい加減しりあがり氏の落書きにあきれたタムくんも、その上に落書きを加えていき落書き合戦なんかも繰り広げられていた。
最終的には壁一面がそこにいた人たちの顔で埋め尽くされていた。(画像左)
いやーたのしかった。二人とも自分の持ち味を出しまくっていて、場の熱気も冷める事はなかった。
二人ともお疲れ様!タムくんもこれからどんどん売れていくと思う。無理せず頑張ってほしい!
しりあがり寿氏も思っていたとおりの凄く良い人で安心しました。サインアリガトウゴザイマス。
[PR]
by sora-man | 2005-11-24 21:39 | 映像


<< X-man:エレグラ・エログラ X-man:パルコ×マリオ >>