X-man:2006/03/07/08/09/10/11
b0045754_216976.jpgここ数日で色々忙しかったっす。っていうか今もマジで忙しい。
実家帰ったり自分を試したりレインボーブリッジの下くぐったり徹夜明けで雨に打たれたり曲作ったり、
今も尚曲作りは続行っつーか。騙し騙し睡眠時間を見つけつつやっているともう曲作りって何?ってことになってきた。
そもそも自分の納得の行く音を作り上げるという工程は、シーケンスを組み上げていく段階を踏まえつつ
自分の脳内の理想音と出音との差異を補完していくというものであり、それを相対的な考えで行っている限り
そこに生まれる差は体調や環境に左右され易い極めて流動的な産物でしかないわけだが、
その結果生まれたものがよければよし、悪ければ駄目、という判断もまた時間が経つにつれ変化していく意味のない行為である。
しかしその意味のない行為にすら相対的に優劣がつけられてしまう時間と言われる悪魔に身を委ねるしかない
この絶対的な時空の狭間で自分は、自分だけと戦っていることに気づいた。敵は1人しかいない。ポーションを飲もう。
[PR]
by sora-man | 2006-03-12 02:59 | 音と音楽


<< X-man:おまえは今まで食べ... X-man:マリオサンプラー完成 >>