X-man:気がついたら
b0045754_2312730.jpg五月ですか。それも30℃を超える真夏日ってんだから気が滅入る。
別に滅入とMAYはかけてるわけじゃないよ、と言いたくなるくらいにね。

パテルだのマクラレンだのの作品を見ていた。ビーズアートとかすげー綺麗。宗教観が半端ない。
見る度見る度ぺちゃくちゃうるせえ奴ら、事あるごとに何かしら突っ込みをいれたがるのは何故?

MOTHER3は皆にやってほしい。でも自分ももう一度じっくりやりたいから貸せない。


海辺に住んでいる人がいる。山に住んでいる人もいる。
海辺に住んでいる人は山の厳しさも森の静けさも知らない。山に住んでいる人は潮の匂いも砂浜の感触も知らない。
俺の人生があり、お前の人生もある。
俺の人生をお前は知らない。お前の人生を俺は知らない。
そこに差が生まれると、お互いがお互いの物差しで量り出す。
俺は自分の物差しに自信がなく、他人との差を量り切れるほど良くは出来ていなかった。
お前の物差しは絶対で、完璧に擦り付けられて、体の奥にまでべったりとへばり付いていた。
それはお互い、信念であったり、刷り込みであったり、意地であったり、望みであったり、
そんな錯綜する意識と無意識の量りに意味なんてものは当然なかった。
と、こんな具合に論理エラーの如く都合よく思考停止するのが俺の物差しの量り。お前はどうだ?
[PR]
by sora-man | 2006-05-02 00:19 | 自分とか


<< X-man:結婚式 X-man:MOTHER3 >>