カテゴリ:怒れる老人( 2 )
sora:怒れる老人再び
出会い編
いつも通り帰りのお決まりホームで電車を待つ。
自分は大抵乗る車両が決まっている。
人が降り終わるのを待っていると、降りる人達の視線が
みんな左手の優先席の方に向いているのに気付く。
はて何か変な人でもいるのかなと思いながら、
自分は反対側に乗り発車。
数分経つとあの怒号がまた聞こえた。
「かちゃかちゃかちゃかちゃ携帯をいじるな。」

怒れる老人の本意
[PR]
by sora-man | 2005-04-25 23:59 | 怒れる老人
sora:気になる音
いつもと変わらず帰りの電車に乗り、
中央角の座席の前に立ってガタンゴトン。
前に座っているのは額に大量の脂汗の雫を溜めるナベツネ似の親父。
今日の主役。
乗ってからしばらくすると、ナベツネがおもむろに携帯を取り出す。
ピッピッピッと携帯のボタン確認音が鳴る。気になる。
しかし、構わず音をたてながら携帯をいじるナベツネ。

気になる音の続き
[PR]
by sora-man | 2005-04-21 00:44 | 怒れる老人