カテゴリ:文房具( 2 )
sora:雲形定規
今年から実験が始まって、今日月曜が実験の日なので、
授業前にグラフ用紙やら雲形定規とかを生協で買い揃えました。
うちの大学は実験レポート手書きなんです。
ガイダンスで手で書けないのにPCで作れる訳ないだろと言っていました。

ということで準備万端で授業開始。
とは言うものの今日は予定では座学なので、ずっと話聞いてる事になるのかなぁ。
何て思ってたらオシロスコープが着々と準備されていきました。
2人で1つ。んでわからない割にもやんわりと軽い実験を終える。
んで実験がまだ終わってなかった友人を待っている間に
先生に雲形定規の使い方がさっぱりわからなかったので、
どうやって使うのか聞いてみたら、
「あぁ何となく色々合わせてみると、
これだ!これしかない!ってのがあるからそこ使うの。
ちなみに描きたい曲線にぴったり合う物はないから少しずつ描いて、曲線を繋げていくんだよ。」
って結構適当なんだなと思った後に、それって大変だなと思って、先生に現物見せると、
「えぇ何枚あるの?僕の時は3枚しか使ってなかったけどなぁ。」
Σ(゚д゚lll)ガーン
生協で買う時に6枚のと12枚のがあったんですけど、
大は小を兼ねる的に12枚の買ってしまった。
12枚もあると合わせて試すのめんどくさい。
ということで12枚全部を先生に見て貰って、見た事ある3枚をピックアップして貰いました。
そして、最後に先生が
「12枚もあれば一生使えるね。」
って言ってました。漫画家でもない限り、人生でそんなに曲線描く事ない。
[PR]
by sora-man | 2006-04-17 22:36 | 文房具
sora:アートな消しゴム
b0045754_0394795.jpg買いました。カドケシ
猫も杓子もiPodが好きなように消しゴムの角っこもみんな好き。
一部の人達は買ったばかりの消しゴムのざらざらが好き。
という事でカドケシを手に入れる。
第一印象はアートだなって思った。
消しゴムなんて成熟しきった
商品分野と思っていただけにインパクトは強い。
学習生活にアートを取り込む最適な物。
ただ使い勝手は良いとは思えないし、使っていくとアート減少。

カドケシはスタメン的消しゴムとしてではなく
スーパーサブ的な扱いとして使っていくのが用途にあうと思うので、
メインにはMONOの大きめ消しゴムを
そしてサブで小さい版のカドケシプチのフォーメーションがベストだと勝手に思う。
普段頻繁に使う道具なので、
インダストリアルデザインの比重をもうちょっとかけたら良かったんだろうな。
[PR]
by sora-man | 2005-05-27 01:08 | 文房具