X-man:刑務所の中
b0045754_22441943.jpg見た。

なんというか、とにかく腹の減る映画だ。
たいした事のない食べ物があんな美味そうに見えるのは何故だ。

「あっ、今夜の春雨スープ、ビーフだよビーフだよほら。」「おお・・・すっげぇ・・・。」
「おお、春雨が山盛りだぁ。」「おぁ、これ当たり!でっかい肉はいったよ!」

受刑者の話も大抵メシの話ばっかり。以下「うれしいお正月」よりメニュー一覧。

エビフライ、チキンフライ、鮭切り身焼き、羊羹一本の半分、鯛練り、卵焼き、
ニシン昆布巻、漬物、ヒレカツ、白米ピラフ、春雨スープ、みかん、袋菓子、もりそば。
豚肉とさやえんどうと丸餅二個の入った雑煮、鮭缶、みがきニシン。
お袋煮、すき煮、茶碗蒸、奈良漬、白米、パインジュース。白米、シュウマイ、アジフライ、りんごと旨煮。
白米、桜海老佃煮、小女子佃煮、さんま缶、ネギと卵の味噌汁。袋菓子羊羹、なます大根人参、
卵豆腐、きんとん、牛丼、オムレツ、安倍川餅、牛肉の大和煮、フルーツサラダ、白米、まぐろフレーク缶、
赤貝の佃煮、お麩の味噌汁、エビチリ、イカ缶、中華丼、ヤクルトミルミルE、白米、とんかつ、なめこ汁、フルーツヨーグルト・・・


く、、食いたい・・いや食おうと思えば食えるが・・これ刑務所の話だよな・・。やっぱ正月は違うなあ・・。

毎月6回のパン食の日のエピソードもまたたまらん。

部屋中に広がるフルーツの香り、、ギトギト光るマーガリンや、小倉小豆の上を妖精が華麗に舞っている・・
ガキの頃生まれてはじめて食った生クリームパンよりも、学校帰りに食った揚げたてコロッケよりも、
何百倍も、何千倍もうまいのだった。。しかし、何故こんなものがこれほどまでに美味いんだ・・。


主人公のハナワ(山崎努)は銃砲刀剣類不法所持、火薬類取締法違反で懲役3年で日高刑務所にいれられた。
ある日彼は同室の受刑者仲間の住所を書いた小さな便箋を、所持品検査で見つかり不正連絡の罪で懲罰房行きになる。
そこで一人きりでの生活が始まるのだが、毎日薬袋の糊つけの内職と頭の使わない仕事、誰とも会わなくてすむし新聞も読める、
ここは自分にピッタリの場所だと気づく。受刑者生活の中で一番の思い出になるな、と。

原作は花輪和一その本人で、マンガらしい。おもしろそーだから今度買ってみようか・・
その前にコッペパン(88円)買ってくる!!小倉&マーガリンのな!
[PR]
by sora-man | 2005-02-27 23:28 | 映像


<< X-man:ハムスターの奏でる音 X-man:ともしびゾーン >>