人気ブログランキング |
X-man:養老天命反転地へ行ったの巻
b0045754_175749.jpgてわけで岐阜に行ってきたよ!
そして念願の養老天命反転地に降り立ったわけです。

養老天命反転地についてすこし説明。
どういった所かは上のサイトをチェック!!
現代美術家である荒川修作とマドリン・ギンズが2人で立ち上げたプロジェクト。
92年頃に構想の検討がスタートしてから、約3年後の95年、10月4日にオープン。
エヴァンゲリオンがテレビ東京で初回放送と同じ日である。
ちなみに自分の誕生日は10月3日である。<すごくどうでもいい

少年時代から続く観念的な恐怖心を引きずってきた彼らは、これまで常に人類の消滅と死を見つめてきた。
そうした中で彼らは精神面ではなく人間の肉体面に興味を持ち、それを対象に何か出来ないかという出発点として、
この養老天命反転地を作り出した。らしい。
感情といった全てのものは地平線から生まれて、我々はそれに縛られて生きているんだけれども、
もしそこに新しい2つ目の地平を創れば、、またそこから自分自身の新しい道徳や自由が生まれる。
言葉や観念ではそういったモノは存在したが、実際に自分の体を使ってそこを手探りで歩いてみたらどんなことが起こるのか?
だからここには平面の場所が1つもなく、楕円のくぼんだフィールドに不規則な地形が渦を巻いている・・。

自分がここの存在をはじめて知ったのはanoyoが主催したThe Forceというレイブでです。
こんなところでサイケなんてやったら、もう、どうなってしまうんだろう!と感じましたね。
結局そのイベントは行けずに非常に悔しい思いと、そこに行ってみたという感情だけが高まって早6年。
ようやくその夢が達成できました。養老!感無量!肉体的!!超感覚的!!!
サイケは流れてはいませんでしたが、完全ナチュラルハイ色んな場所をフラフラぐるぐるモゾモゾ徘徊。Don't think, Feel!である。
ここは死ぬまでに1度は行っておくべき場所だと思います。養老に行く予定のある方は是非!
by sora-man | 2007-05-08 02:19 | オモシロ


<< X-man:外と中と sora:ポッピンアイ >>